全国フェミニスト議員連盟
コンテンツ
フェミニスト議員連盟とは
最新ニュース
活動報告
世話人
連絡先
リンク
HOMEへ戻る
AFER
お問合わせ

HOME活動報告 > 新潟県内初のサマーセミナーに、60名程で座学とフィールドの学びを深められました。

最新ニュース
イベント・合宿等
■新潟県内初のサマーセミナーに、60名程で座学とフィールドの学びを深められました。

 

2014全国フェミニスト議員連盟サマーセミナー in 佐渡 アピール

2014年夏、「女性が動く 社会が変わる〜いのち輝く地域と世界へ」をテーマに、私たちは、ここ新潟の佐渡に集いました。

サマーセミナー開催前、6月18日の東京都議会における女性議員へのセクシュアルハラスメント発言が全国で問題となりました。本来、あらゆる者への蔑視・人権侵害のない社会を実現する責務を有している議員からの人権侵害発言として許されないだけではなく、議員の最大の職務というべき議会発言を封じようとする暴力といえるものでした。他の地方議会でも、女性議員の多くは、同様の嫌がらせと闘いながら活動している現実があります。このような、女性の政治参画を阻む要因が改まるまで、私たちはこれからも行動しなければならないと思いを新たにしています。

また、世界中から尊ばれてきた日本の宝である平和憲法を国民に問うこともなく、7月1日、安倍内閣は強引な解釈の変更により、集団的自衛権行使の容認を閣議決定しました。これは、立憲主義を否定し、民主主義と平和を脅かし、日本社会のあり方を根底から揺るがす暴挙で、到底容認することはできません。

このような状況の一方、今セミナーでは、新潟や佐渡、また世界の国境や民族を超えた、地に足の着いた女性たちの真剣で勇気ある活動を通して、地域の平和や民主主義の実現、共生社会や政治への変革に向けた努力が重ねられてきたことを学びました。

私たちは、生物多様性の象徴としてのトキが舞う佐渡の豊かな自然を肌で感じながら、いのちが繋がっていく恵みを、共に考え、共に語らう中で、「原発の無い社会」、「世界の人々と共に生きるための平和」、「自然環境保全型の農業」、そして「持続可能な地域社会」を次世代へ継承していくためには、旧来の政治のあり方を変え、いのちを輝かせる政治を市民の手に取り戻す女性議員の働きがますます求められていると確信しました。

そして、日本の隅々にまでいのちを輝かすことのできる明日を目指し、来る統一地方選挙において、私たちはさらに多くの女性たちを政策決定の場に送るため、あらゆる努力をします。

22年目を迎える全国フェミニスト議員連盟は、平和や人権が一部の政治勢力によって脅かされる社会状況にある今、市民と議員が手を携え、この地での学びを活かして、民族を超え、真の意味で女性と男性が共に輝き合い、いのちが繋がる持続可能な平和な社会をつくっていくことを、ここ新潟の地で誓います。

2014年7月12日
2014全国フェミニスト議員連盟サマーセミナーin 佐渡参加者一同

 

 

Copyright © 2014 全国フェミニスト議員連盟 All Rights Reserved.
禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの 無断転載を禁じます。