[ ルワンダ ]
アリス・カレケジ
Alice Karekezi

ルワンダ国立大学の紛争解決センター設立に尽力、
人権・ガバナンスプログラム長を務めた。
現在、スウェーデンのグーテボルグ大学でジェノサイド後の
ガチャチャ裁判に関する博士論文を執筆中。
その他、国内外の学術機関、国連、政府、非政府機関の活動にも貢献。
ガチャチャ裁判関連の著書も発表。
[ ノルウェー ]
カーリ・ヒルト
Kari Hirth

現在駐日ノルウェー大使館文化・報道・広報担当参事官。
外務省に入省し開発銀行やパリのOECDなどに勤務。
2005年から駐日ノルウェー王国大使館勤務。日本勤務は2度目。
仏語、英語に堪能で、国際基督教大学夏季日本語講座修了。
育ち盛りの息子2人のママ。書道、寿司、日本建築に強い関心を持つ。
[ 韓国 ]
チャン・ジョン・ワン
張宗完

現在駐日大韓民国大使館立法官。
1957年1月全羅南道新安郡生まれ。 弘益大学校経営学科卒業。
横浜国立大学国際社会科学研究科修了(修士号取得)。
1977年5月国会公務員として任用される。2003年1月書記官昇進。
2006年3月駐日大韓民国大使館参事官(立法官)として赴任。
家族 : 妻と娘2人の4人。趣味 : 山登り、散歩。宗教 : キリスト教。
[ 日本 ]
赤松良子
Akamatsu Ryoko

現在WINWIN代表。1929年大阪に生まれる。
津田塾大学英文学部卒業後東京大学法学部入学。
在学中に国家公務員試験に合格し労働省へ入省。
1979年国連公使として「女性差別撤廃条約」に賛成し、
以後労働省婦人少年局長に就任、「男女雇用機会均等法」の立案に力を発揮した。
1986年駐ウルグアイ大使、1993年文部大臣を就任。
1999年女性を政治の場に送ろうとWINWINを設立。
  [ チリ ]
後藤政子
Goto Masako

神奈川大学外国語学部スペイン語学科教授。
(詳細は後日更新予定です)